たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

2020年01月09日

GreenMax発泡スチロールのかさを減らして、保管、輸送コストを削減します

発泡スチロール廃棄は私たちの社会に広まっています。非常に軽く、耐久性があり、ほぼすべての形状に成形可能で、製造が安価であるため、優れた包装材料および絶縁体です。 「発泡スチロール」は、ポリスチレン製の登録商標(Dow Chemical Corporation)断熱材です。 Expanded PolyStyrene(EPS)は、家具やテレビから繊細な電子機器まで、ほとんどすべてのパッケージに最適ですwww.greenmax.jp。

EPSに梱包されていないものは、通常、ポリエチレン、ポリプロピレン、またはポリウレタンに包まれています。 EPSとほぼ同じくらい軽いこれらのプラスチックは、一般に押し出し成形されて、保護対象の素材にぴったりとフィットします。軽い理由は、空気が98%であることです。問題は、EPS Purgehaがその目的を完了した後のEPSの廃棄です。問題は、リサイクル工場に戻すには軽すぎることです。地元の廃棄物運搬業者を使用して地元の廃棄物を支払うことも、重量ではなく容積のために高価です。多くの企業は、EPSを40ヤードのロールオフコンテナに廃棄します。このコンテナはすぐに満杯になるため、頻繁に空にする必要があります。廃棄物運搬業者は、ロールオフコンテナーを拾うたびに最大300ドルを請求します。一部の企業にとっては、年間15,000ドル以上の廃棄物運搬コストを意味します!

最適な解決策は、この材料を緻密化することで体積を減らすことです。発泡スチロールの53フィートのトラクター/トレーラーの負荷は、体積を約4立方ヤードまで減らします。これらのトラックには、40,000ポンドの高密度製品を積むことができます。これらのEPE Purgeplasticsはリサイクル可能であるため、リサイクル工場はこの製品を求めており、代金を支払うことになります。しかし、最大の節約は廃棄物運搬の代金を払わないことです。高密度化された製品は、トラックの積荷が蓄積されるまで保管し、その後、トラックに積んでリサイクル工場に出荷できます。これは非常に費用対効果が高いだけでなく、環境的にも責任があります。控えめな見積もりでは、発泡スチロールが分解を開始するまでに500年以上かかることが示されています。あなた、あなたの子供、あなたの子供の子供など、あなたのコーヒーカップは長持ちするでしょう。別の言い方をすれば、コロンバスが発泡スチロールリサイクルのカップを使用した場合、それは今日スミソニアンに座っているように見えます。
Lucyshen@intco.comに電子メールを送信するか、www.greenmax.jpで製品を確認してください。  


  • Posted by 花澤堀川 at 16:45Comments(0)

    2019年09月25日

    廃棄物リサイクル機器製造販売事業-GREENMAX



    当社が2007年にGREENMAXというアメリカブランドを立ち上げ、2014年まですでに400台前後の導入実績がありました。。現在当社が発泡スチロール減容機、発泡スチロール溶融機、フィルム脱水乾燥機などの発泡スチロール減容機を取り扱っております。弊社のリサイクル機器が全世界50数ヶ国までも広がり、お客様より良い評判を頂いています。

    INTCO グループが額縁のメーカーとして、発泡スチロールが大量に必要とされています。全世界範囲で発泡スチロールリサイクルを行い、発泡スチロール減容固形物を再生原料として有価買取を行っていて、日本を始め、ヨーロッパ、アメリカ等の国々から毎月5000トン以上の発泡スチロール減容固形物を輸入しておりますwww.intcorecycling-jp.com。  


  • Posted by 花澤堀川 at 15:25Comments(0)

    2019年09月25日

    GREENMAXプラスチック溶融機


    スチロスはスクリュープレスで圧縮し、その時発生する摩擦熱で柔らかくなり脱泡され減容される仕組みです。 だから加熱する必要がなく、気になる臭いも出ません。また、熱による強度劣化がなく、バージン原料に近いプラスチック原料として再利用が可能です。GREENMAXシンプルな構造で部品点数も少なく、メンテナンス性に優れています。 飲食店やテナントビルなど、小規模事業所にオススメです。
    www.intcorecycling-jp.com
    TEL: +050-5806-0288
    Email: Lucyshen@intco.com
      


  • Posted by 花澤堀川 at 15:18Comments(0)

    2019年07月16日

    環境のために、物流会社が発泡スチロールリサイクルをします

    オーストラリアでは、毎年約5万トンの発泡EPS発泡体が製造され、消費されています。 私達は現在この発泡スチロール包装の約27%しかリサイクルしていないので、もっとリサイクルする機会はたくさんあります。


    オーストラリアの物流会社の年間発泡廃棄物は、トン数で計算されます。これらの廃棄物が海に流れ込んだ場合、どのような汚染が発生するのかを想像するのは困難です。


    しかし、物流業界では、発泡スチロールよりも適した代替材料を見つけるのが難しいため、物流会社は、廃棄EPSフォームのリサイクルに注意を払うことしか選択できません。


    発泡スチロールリサイクルは難しい問題ではありません。 代わりに、効率的なリサイクルを完了するには、GREENMAX EPS減容機を購入するだけです。 物流会社は、このMars-C 300のように、発泡スチロール廃棄物の量に応じてそれに合った大容量リサイクル機械を選ぶことができます。

    発泡スチロールは80%の空気が含まれているため、保管や輸送が困難です。 プラスチックリサイクル機は、マシュマロを大理石に圧縮するのと同じように、スクリュー圧縮技術によって廃EPS発泡体から空気を押し出して高密度の再生EPS発泡体インゴットを形成することができます。

    GREENMAXの機械メーカーはまた、リサイクルされた発泡スチロールインゴットを買い戻すサービスを提供しています。発泡スチロール買取は、廃棄物処理のコストが今や実行可能な収入源となっていることを意味します。 もちろん、物流会社も既存の廃棄物処理業者またはリサイクル業者を使い続けることができます。

    代替の発泡スチロール材料を探す前は、発泡スチロールリサイクルは環境と金融の両方にとって有利な方法です。  


  • Posted by 花澤堀川 at 17:07Comments(0)

    2019年07月16日

    発泡スチロール減容機でMEXICOのリサイクル事業に貢献

    Recicla Unicelによると、メキシコの発泡スチロールの年間消費量は125,000メートルトンで、そのうちリサイクルされるのはわずか5〜6%です。 発泡スチロールはリサイクル可能な材料であり、業界はメキシコで大きな可能性を秘めています。 発泡スチロールリサイクルグループは、メキシコでの独立戦争の開始を祝い、毎年恒例のメキシコでの休暇を過ごして、発泡スチロール発泡体廃棄物の収集の拡大を推進しています。


    発泡スチロールリサイクルプログラムは現在、メキシコの連邦廃棄物防止および統合管理法の一部であり、全国各地に複数の収集場所を開くことを目指しています。


    発泡スチロールが私たちの生活に大きな利便性をもたらしたことは否定できません。あなたがそれを禁止する代わりに発泡スチロールフォーム材料を使い続けたいならば、それをリサイクルしてください!現在、発泡スチロールのリサイクルが急務です。


    2019年の初めに、メキシコのリサイクル業者から問い合わせを受けました。顧客の説明によると、発泡スチロールリサイクルは彼らの新しいプロジェクトです。現在、彼らはいくつかの家具店や物流会社からビニールポリスチレンバッグを手に入れようとしています。材料は、それを自分で処理したい、ポリスチレンリサイクルの利益率を見てください。

    現在、顧客は約100kg / hの生産能力を持つ中古機械を持っており、それは3ヶ月間使用されてきました。生産能力が低いために、顧客は廃棄物圧縮需要に満足していないので、利益率を改善するための新しい機械を見つけたいと考えています。

    「回収した包装材料はクリーンな材料であり、高いリサイクル価値を持っています。それをリサイクルするには、専門的かつ大容量の装置に投資する必要があります。高品質の溶融フォームインゴットはより高い価格で販売できます。」。INTCOで発泡スチロール買取も20年渡ってきました。

    顧客の苦痛点を理解した後、GREENMAXは専門の設備と溶融した発泡スチロールインゴットの購入を含む発泡スチロールソリューションの完全なセットを顧客に提供しました。顧客は私達の解決に非常に満足し、すぐに私達のGREENMAX M-C300 発泡スチロールの泡の高密度化剤を購入した。顧客のフィードバックによると、溶融機は90:1という大きな容量と圧縮比を持ち、それが彼らに大きな利益をもたらします。

    発泡スチロールリサイクルはメキシコでは良い市場であり、リサイクル業者、漁師、家具店などのエンドユーザーだけでなく、発泡スチロールリサイクルから利益を生み出すことができるだけでなく、より多くの企業が発泡スチロールリサイクルプロジェクトを開始することをお勧めします。  


  • Posted by 花澤堀川 at 16:58Comments(0)

    2019年07月16日

    発泡スチロール処理業者に対して、一番良いの保障は何だろうか

    多くの地域で、発泡スチロールは最大98%がまだゴミとして、埋め立てされています。 ただし、普通の梱包材として、発泡スチロールは有効的にリサイクルできます。

    なぜ私たちはより多くの発泡スチロールをリサイクルしないのですか? 1つの理由は、多くの人に対してEPSのリサイクルは価値があるとは思わないことです。 最もわずかな風がかさばる発泡スチロールを吹き飛ばすように、軽量の材料で集めることは困難です。 発泡スチロールをリサイクルしようとしている人々にとって、EPS廃棄物をリサイクルするための効果的な方法を見つけることは困難しいでした。


    INTCOリサイクルは、完全なEPSリサイクルシステムを開発しました。 発泡スチロールのエンドユーザーとして、フォトフレームおよび装飾用成形品の生産のため、発泡スチロール買取を世界で取り扱っています。 サプライヤーとより密接に協力するために、発泡スチロールリサイクル機の研究を開始しました。 INTCOリサイクルは、フォームリサイクル機の販売、発泡スチロールブロックやインゴットの購入から、ペレット加工、フォトフレームなどの製品までの全体的なサービスを形成しています。

    すべての種類の発泡スチロールをフォトフレームなどの製品に生まれ変わります。環境汚染が大幅に削減され、INTCOの品質優れる発泡スチロール減容機によって各オペレータのコストが大幅に削減されます。顧客は輸送される廃棄物の総量を最大80%まで十分に削減しました。

    もっと重要なことに、INTCOはリサイクルされた発泡スチロールインゴットを有価資源として買い戻します。INTCOは月400コンテナの額縁、鏡フレーム、モールディングなどの製品を輸出します。月3000t以上原料を需要の上、その需要性も安定です。これは顧客にとって最高の保証だと思います。  


  • Posted by 花澤堀川 at 16:52Comments(0)